トップページ | 15年が過ぎ、『プラダの女王』はファッション度満点で、新職場女性必見映画 »

2022年4月30日 (土)

「プー田靴」の自己救済

馮昭

偽造の都の名声を背負ったプー田は、心を洗い始めた。

昔、人々は北京といえば、荘厳で厳粛な首都のイメージを思い出して重慶といえば、熱い鍋と美人を思い出して西安といえば、にぎやかで重い長安大唐を思い出します。しかし、プー田といえば、小さな広告を貼って起業しても、国内の民営医療業界のシェアを占めるプー田系病院でも、ブランド靴は代行と模倣で起業しても、生産量が全国の10分の1近くを占めるプー田靴でも、あまり良い印象はありません。

理不尽ではない。この4千社以上の靴企業の靴業の年間生産額が億元を超える沿海都市には、有名なブランドと上場会社が3社もなく、国内の消費者がよく知っているプー田ブランドが点灯していない。ある人は城を戯れて、亭の靴類ブランドが世界トップかどうかを判断するには、プー田に代行基地があるかどうかを見なければならない。しかし、このような硬化した印象は、プー田靴の集団商標が国家知的財産権局の登録承認を得るにつれて、プー田靴がブランド化の歩みを踏み出した過去のものになるだろう。

長期にわたって形成されたパクリの偽造イメージを変えるのは、明らかに容易ではない。ブランド化の過程で、プー田靴はどのような困難に直面するのかという非典型的な発展モデルは、他の地域優位性を持つ産業集団にとって、どのような参考意義があるのか。

言うまでもなく、これは産業のアップグレードの転機だけでなく、都市の自己救済でもある。

聂波ブランドの波を見逃す

月日、プー田市靴業協会は、プー田靴が福建省初の靴業集団商標として、国家知的財産権局の登録許可を得たと発表した。

実際、承認された商標はグラフィック商標にすぎず、漢字と英語の商標は承認されていない。図形の商標は靴のベルトを創意として、プー田の2つの字のピンインの頭文字と、その中で地面を抜いて上へ伸びて、率直で勝手に見えるだけでなく、プー田の靴業の装型のアップグレードの高揚の姿勢を明らかにした。この商標の有効期間は10年であり、スニーカーキッズスニーカーカジュアルシューhttps://www.ortodegliulivi.it/allevamento/asini-sardiズ軽便ゴム靴足部防護安全靴キッズスニーカー靴を含む授権製品に使用することができる。

プー田靴の商標は人の横目を引いて、また現地のブランド意識の目覚めにあって、靴業のブランド靴の発展に比べて、まるまる40年以上遅れました。

前世紀年代から、プー田弱は続々とナイキアディダスなどの外国ブランドのために代行生産を行い、徐々に支柱産業に発展した。

代行工はプー田靴業に豊富な経験と技術をもたらしたが、産業発展を制約した一方で、ブランド側は注文数を厳格にコントロールし、代行ブランド靴工工場は生産能力をさらに拡大することができず、パクリ品を模倣して営業収入を増加させるしかなかった。

年、タイで始まった金融嵐がアジアを席巻し、対外貿易靴業が大きな打撃を受け、代行メーカーの注文が激減した。このような状況の中で、キロ離れた晋江靴弁は転換を求め始め、まず利益が万元しかない状況の下で、万元を使ってスポーツスターの孔令輝をブランドに招待したが、その後、晋江靴企業は次々とテレビ局の金広告位を購入してスター協賛試合を契約することで知名度を高め、鴻星爾克特歩°義シリーズの自主ブランドを誕生させ、より高い利益と付加価値を獲得した。

晋江ブランドの台頭は、一部の代行注文が晋江からプー田に移ったことも招いた。大手代行の生産製造力によって、プー田靴弁は偽乱真で始まり、模倣製品を生産するのは明らかで、ブランドラベルを貼ると高値を売ることができ、代行のわずかな利益よりも誘惑力がある。

代行靴企業は定価権がなくて製品を模倣することができないため、原材料の人工土地コストの絶えず上昇に従って、利益空間は絶えず圧縮されている。同時に、東南アジア諸国もより低いコストで代行注文を誘致しており、プー田靴業は窮屈な中で変えざるを得ない。

年、プー田は靴億足を輸出し、貨物価値は億元に達したが、全市の4千余りの靴企業の中で、本当に自主ブランドを持っているのは十数社にすぎない。現在、この十数社のブランhttp://www.svpolizei-bergedorf.de/ドはプー田靴の集団商標授権企業のリストに含まれている。

主義の代償をとる

大量の技術を身につけた後、代行メーカーの前に置かれた2つの道がある。1つは台の前に行って自主ブランドを作り、外国ブランドと競争することである。1つは背後に行って偽物を作り、パクリ製品を作ることだ。明らかに、晋江靴企業は前者を選んだが、プー田靴企業は後者を選んだ。

実際、プー田靴企業も自主ブランドを作ろうとは思わなかったわけではないが、ユーザーの認可度が低く、消費者が買わないため、初期のプー田ブランドは外国ブランドに負けた。多くの代行メーカーにとって、既製の材料機械の流水線があって、既製の設計と高額の利益があって、名分を要らないで、横になって模倣版をして速いお金を稼いで、また何を喜んでやらないのですか

(プー位田靴

メディアの報道によると、靴を炒めるのが熱い時、国内市場の10足の偽靴は、9足がプー田から世界のナイキ靴を出荷し、3足がプー田から来た偽品の偽靴はプー田から出たとは限らないが、プー田の偽靴は絶対に有名だ。

プー田の偽靴の品質も、確かに感嘆させられるようになった。年、中米警察は共同でアメリカのブルックリンの2つの倉庫で1万足近くの偽のナイキ靴を発見し、市場価値が1万ドルを超えた。そのため、ニューヨークタイムズの記者はわざわざプー田に駆けつけ、調査の結果、ここで作ったブランド靴は確かに真偽が分からないことが分かった。

あるプー田社長によると、新製品が発売された後、本物の靴を2足買い、1足は分解に使われ、材料を研究しやすく、肉眼で差が見えないまで模倣後の繰り返し比較に使われるという。年、温州品質検査院はアディダスの靴を模倣して検査を行い、その材質は本物と同じで、耐摩耗性と耐折性もほぼ同じで、靴底の硬度にわずかな差があることを発見した。

完全な代行産業チェーンと正品は何の違いもない外観と品質に加え、低価格で、消費者が偽の消費潮流を知っている社交プラットフォームhttps://moykiplus.ru/usefultips/filtry-dlya-vody-vidy-preimushestva-i-rejting-luchshihをもたらし、ファッションブロガーの彬宣城自身のアディナイキはプー田造年であり、スターのニック楊来華もプー田造ココナッツ靴を称賛している。これにより、プー田靴には偽物のラベルが貼られた。

年月、プー田市の李建輝市長は第3回デジタル中国建設サミットで3つの気まずい冗談を自嘲した。もしあなたのナイキ靴が2年履いたら壊れてしまう。本当のナイキが3年履いたら壊れてしまう。それはプー田がやったことだ。

これは仏のパラドックスで、パクリ靴は代行発展の奇形の産物だが、利益を出して、品質を作って、同時にブランドの維持運営のコストを負担する必要はないと同時に、国外のブランドに対して大いに持ってきて主義を持って、産業はすればするほど大きくなって、都市のイメージを壊して、自主ブランドの生存空間をもっと低くします。

このままでは、プー田靴も短視の苦果を味わった。どんな工場でもできるようにしたいです。例えば、ココナッツシューズを高く模倣して、出荷価格も元ぐらいです。靴業界に従事していたある人は、靴が出荷されてから消費者に何度も手に入れられ、ルートとルートの間に儀級の利益がどれだけあるのか、チェーン上の各方面は分からないとツッコミを入れた。市場が混乱しているので,商売もますます難しくなっている。

パブリックブランドのチャンスをつかむ

この自家製の苦酒に直面して、一部のプー田メーカーは別のかまどを作ってオリジナルブランドを作ることを企んでいるが、製品が設計されても、完全に自分で販売することはできず、オリジナルデザインを外国ブランドに売るしかない。プー田靴業は、連合して血の道を殺さなければならない。

これまで、品質の有無ブランドの現状を変えるために、すでに多くの地域で地域共通ブランドを構築する方法で、大きな優位産業クラスタを作ってきた。

例えば、上海市奉賢区は現地の美しい健康産業集団を頼りに、東方美谷ブランドを作り、中国の化粧品産業の都から世界の化粧品の都へ陝西甘寧蒙四省?区の境にある寧夏塩池県に力を入れ、中国の灘羊の郷の美誉に頼って創建した塩池灘羊ブランドを頼りに、この県を寧夏千億級の種業と食糧産業集団の構築に力を入れている。

プー田は明らかにこのブランド建設の波を見逃したくない。年月、プー田市工業と情報化局が先頭に立ち、社会全体にプー田靴の集団商標を募集し、全国初の地市で命名された靴業区域の公用ブランドの構築に力を入れた。

集団商標を運営するために、プー田市国有資産投資グループ有限責任会社以下の簡城プー田国投会社の持株はプー田名品ブランド管理有限会社以下の簡城プー田ブランド管理会社及びプー田靴ブランド運営サービス有限会社以下の簡城プー田靴運営会社を設立し、両社はプー田靴集団商標に加入する企業を支援し、娘の販売ルートを構築してブランド普及を提供し、設計研究開発を行う。

「プー田靴」の集団商標の登録も、プー田靴業の自主オリジナル性の欠如の現状から脱し、代行を主とするモデルから自主ブランドの創設への道を歩むことを望んでいる。プー田ブランド管理会社の林勇責任者によると、プー田靴の集団商標を登録する考えはプー田市工業と情報化局に由来し、江西南康家具産業が産業集団を作った経験を最初に参考にした。

公式の宣伝映画の中で、プー田国投会社の林偉新理事長は、プー田靴の集団商標の授権許可は4つの条件を満たす必要があると紹介した。

現在、プー田靴企業はプー田靴の集団商標の授権使用を獲得しており、授権費用は。すなわち、規定に合致する靴企業は商標を無料で使用することができる。この企業はすべて自分のブランドを持っていますが、依然として代行業務を主とし、自主ブランドの製品は少ないです。

私达は设计のマーケティングの能力を中小の靴の企业に与えることができて、彼らのこの方面の短い板を补って、彼らが次第にオリジナルの设计の道を歩むことを助けて、靴の企业にマーケティングのブランドの方面で甘い头を味わって、靴类の细分化の市场で高い识别度の高い异性を持って市场に认められる自主のブランドを作ります。林勇氏によると、企業の自主ブランドが十分な影響力を持っていれば、プー田靴の集団商標から離れることができるという。

脱皮の陣痛に対処する

商品の都の名号は、本土ブランドの発展を殺すだけでなく、生産者にも巨大な法律リスクに直面させている。国家が知的財産権を日増しに重視するにつれて、権利侵害者はより厳しい行政処罰に直面し、刑事拘束は偽造販売がプー田に与えたマイナス印象を転換するために、プー田はずっと偽造している。

長年努力してきたが、ラベルを引き裂くのは容易ではなく、アップグレードの転換を実現するには、結合をブロックしなければならない。

年、プー田市の翁肉市長は自ら

実亽シリーズの指导政策は、绝えず靴企业のインテリジェント化改造を奨励し、すでに元本を下げて质を高め、効果を高めることを実现した。智造レベルをアップグレードし、工场の小型生产ラインをアップグレードすることを奨励する。万元を超えない補助金を与える。

年月、プー田市委員会市政府はプー田市が靴業の偽造販売を打撃し、産業のモデルチェンジとグレードアップを促す指導グループを設立し、グループのメンバーは市委員会書記市長などの党?政府の指導者と関連職能部門の責任者をカバーした。商標侵害事件を立件し、完成品の靴を1万足近く差し押さえ、犯罪容疑者を逮捕した。

同時に、企業の革新活力を奮い立たせるための靴業の高品質発展を加速させるための10の措置を打ち出し、ブランドの研究開発設計知能製造市場の開拓産才融合などの各方面をカバーしている。

プー田好靴ブランドを立ち上げ、中国の靴業が世界に向かう特色のある窓口としてプー田靴の集団商標の構築に力を入れ、靴業工芸美術などの業界トップ企業の自主ブランドの創設を支持し、新業態の新モデルを掘り起こし、地域ブランド生態圏を構築するなどの内容もプー田市の十四五産業発展特別計画に書かれている。

プー田靴の集団商標登録に成功した後、関係部門は、非自創ブランドで公用ブランドの使用を申請しない小さな工場に対して、靴業のモデルチェンジとグレードアップを促進する実施案について、さらに明確に結合し、転換を促し、前進を妨げる仕事の原則を打ち破ると明らかにした。

林勇氏によると、中小企業に配慮するため、プー田靴の集団商標は授権条件を適切に緩和し、生産規模に対する要求を低減し、将来、3、2つの生産ラインの小工場も申請することができ、その後の製品に対してブランド靴の核を審査し、これらの企業のモデルチェンジを導く。

公式宣伝映画では、プー田靴ブランドの運営責任者が偏見を捨て、プー田靴にチャンスを与えるよう呼びかけている。チャンスを与えることができるかどうかは、プー田靴企業の表現を見て、姿勢を正すことができるかどうかを見て、オリジナル性とサービスを高めると同時に、従来の灰色の製靴経済と切断して、根強い負の印象を取り戻すことができます。

これはみんなが見ている経路ですが、企業レベルに落ちるのは依然として難しいです。

例えば、自主ブランドを作るには多くの投資が必要で、在庫の圧力に直面しなければならない。品靌には十分な在庫数が必要で、型番や色などによって3つの予備品が必要です。そんなに多くのデザイン、あなたはどれだけの資金を持って押さえて、もしこれらの靴がすべて売って返したら、売れないならどうすればいいですか?林勇は反問します。

プー田モードの模範効果

現在、プー田靴運営会社はすでに京東と天林勇氏は、プー田靴の集団商標が広く認められるにつれて、授権された企業と共にブランドを作り、靴にプー田靴と企業ブランドの2つの商標を掛け、販売収入はプー田靴運営会社と授権された企業に分けられると想定している。

プー田靴京東旗艦店ブランドの靴はすでに万人の注目を集めている。

ある消費者によると、集団商標の授権を受けたプー田靴は元のメーカーが生産しているが、価格は以前より高くなったという。

パクリ品のラベルから抜け出すため、武漢市雲尚武漢国際ファッションセンターに位置し、オリジナルデザイナーの導入に力を入れる準備をしている。このセンターはプー田靴業を核心とする地域性総合サプライチェーンプラットフォームであり、靴類設計開発生産品質管理など多くの一環をカバーしている。

プー田靴のブランドイメージの初歩的な改観は、これまでの発展経験に多くの類似点があった広東省呉川をプー田にブランドがあることに沈思させた。呉川はどうするのか。

中国軽工業連合会とプラスチック加工業協会が授与した中国プラスチック靴の郷で、プラスチック靴の生産量は全国の約3分の1を占め、東南アジア中東アフリカ欧米などに販売されている。

しかし、長期にわたって低レベルの看板で生産されたため、呉川は本当に有名なブランドを呼んでいない。一部のメーカーはブランドを創出して電子商取引ルートを開拓しようとしているが、孵化の難易度が高く、コストが高いため、効果は理想的ではない。これに対し、博舗街のあるプラスチック靴工場の責任者は、呉川プラスチック靴はプー田靴の集団商標の発展構想を参考にし、地方政府と業界協会の指導の下で、団体を抱いて発展しなければならないと述べた。

プー田靴にはパクリのラベルがあるが、その品質と技術は多くの人に認められている。これも無数の中国企業の問題と遺憾であり、品質と技術があるが、ブランドがない。企業戦略の位置づけ専門家の顧均輝氏は、共通の商標があった後、多くの工場をコントロールして靴の近い品質と品質を保証することは、ブランドが重点的に考慮しなければならない問題だと考えている。

同時に、プー田靴企業でも他の中国靴ブランドでも、オリジナルデザインで頑張る必要があります。顧均輝は言った。

通報のフィードバック

トップページ | 15年が過ぎ、『プラダの女王』はファッション度満点で、新職場女性必見映画 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

無料ブログはココログ